FC2ブログ

FOOTBALL CLUB S.S.NATS OFFICIAL WEB SITE

Fussa City,Tokyo,JAPAN SINCE 1997

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サッカー講座③ 「次のプレーをイメージするⅠ」

★次のプレーをイメージする

試合で活躍できる人と、活躍できない人、両者の違いは何だと思いますか?

ボール扱いのうまさ、足の速さ、持久力、当たりの強さ・・・

確かに、これらも一つの要因です。
でも、仮にこれら全てを持っていたとしても、「あること」ができていないと、試合では絶対に活躍できません

「あること」とは・・・

「次のプレーをイメージする」こと。

サッカーやフットサルでは、トラップしてから、
「さあ、どんなプレーをしよう」
と考えていたのでは、すぐにボールを奪われてしまいます。

ボールをトラップする時には、すでに、次のプレーがイメージできていなければなりません。
例えば、パスを出すのか、ドリブルするのか?
パスなら、ダイレクトか、ワントラップするのか?
ドリブルなら、どんなフェイントをかけるのか?

トラップとは、イメージしたプレーができる場所にボールを置く技術なんです。

そして、次のプレーをイメージするために大切なのは、「周りを見る」こと。
ボールの無いときに、周りを見て情報収集しておきます

では、具体的に何をイメージするのか?

◆ドリブルかパスか?◆

「自分の前にスペースがあればドリブル、なければパス」
単純ですね~(^_^;)
最初は難しく考えず、こんな基準で選べばOKです。

◆ドリブル◆

ドリブルで突破するのなら、「スピードで突破」、「フェイントを使う」など、「どんな抜き方をするのか?」をイメージします。
そして、そのプレーがしやすい位置にトラップします。

◆パス◆

パスには、大まかに言って、4つの選択肢があります。
1.相手DFラインの裏へのパス
2.味方FWへのパス(ポストプレー)
3.横パス
4.バックパス
この中から、「ゴールの確率が高いもの」を優先的に選択していきます。
つまり、この順番ですね。

もちろん、これが全てではありません。試合では、色々なことが起こるので・・・
でも、試合で活躍する人は、こういったことをトラップする前にイメージしているんです。

続いて、何を見るのか?

周りを見る作業には、「観察」と「確認」があります。

続く・・・
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ssnats.blog136.fc2.com/tb.php/5-90c6dbc5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。