FOOTBALL CLUB S.S.NATS OFFICIAL WEB SITE

Fussa City,Tokyo,JAPAN SINCE 1997

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サッカー講座⑤ 「パスコースがない!」

★パスコースがない!

人はいるのに、パスコースがない!

なぜ、こんな状態になってしまうのでしょうか?

彼らの動きを見ていると、攻撃するために
前線に上がっては行きます。

ところが、いったんポジションに着くと
そこでストップしてしまう…

人の動きがないため池状態になってしまっているんです。

相手を崩すには
「スペースをいかに活用できるか?」
がカギになってきます。

スペースは自然にできるものではなく
作り出すものです。

そして、スペースを作り出すために必要なのが
人の動きなんです。

スペースの活用方法は、2つあります。

1.自分で作ったスペースを自分で使う。

この代表格が、ボールを受ける前のフェイント。

相手の裏でボールを受けると思わせ
DFが付いてきた所で、引いて足下で受ける。

DFを引き離して
パスを受けることができる

2.他人が作ったスペースを使う。

これは、「3人目の動き」が代表格です。

人とボールの動きを予測し先手で動くことがポイント

サッカーには
「ボールは、いくら走っても疲れない」
という言葉があります。

サッカーがパスゲームであることを象徴する言葉ですね。

でも、ボールが回るようにするにはやはり人も動く必要があります。

その時は、「スペース」を意識して動くようにしてみましょう。

「ため池」ではなく、「川」のように
常に人が動くチームを目指しましょう(・∀・)

☆★☆★☆★☆今日のポイント☆★☆★☆★☆

パスをつなぐためには、人も動く!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
スポンサーサイト

| 未分類 | 16:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ssnats.blog136.fc2.com/tb.php/7-3f3ea9b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。